オンラインカジノの違法性・合法性について

今回はオンラインカジノの違法性・合法性についてお話していきます。

オンラインカジノの違法性・合法性

オンラインカジノの違法性・合法性

違法性

違法性は店舗でのランドカジノとインターネットでのオンラインカジノとでは、扱いが全然違います。

オンラインカジノの違法性をまず調べると、絶対にネットで検索されるのが2016年にあったスマートライブカジノ事件です。

この事件は日本国内から、海外のオンラインカジノ「スマートライブカジノ」でカジノプレイしたユーザー3人が逮捕されたという事件が発生しました。3人の内2人は罰金刑を受け、交通違反と同様の処罰を受けましたが、残る1人はこの処罰を受け入れず裁判で議論する形となりました。

その結果、このユーザーに対しては検察側では不起訴処分という形で終わりました。これをきっかけに、オンラインカジノ上での賭博罪についての適用が不可ということが証明されました。

賭博罪については、次の合法性の項目でお話をします。

合法性

カジノを日本でしてしまうと「賭博罪」として起訴されます。
オンラインカジノ、ブックメーカーなどのギャンブルサイトについては非常に詮索されているワードになります。

この賭博罪は主催者=胴元と利用者=ユーザーの2つを処罰することで知られています。
なので、プレイしたユーザーにもその重みは受け付けないといけません。

胴元が仮に賭博罪として問われて違法行為だと認めてしまったら、そのユーザーにも罪をかぶらなければなりません。

胴元は基本、カジノ自体が合法だと認められている国で、ちゃんとしたライセンスを取得したのちに運営している企業のことです。なので、胴元自身は違法行為をはたらいておりませんので、議論する必要がありません。

なので、企業側を賭博罪と問われない以上は、検察側は処罰の適用は絶対に認められていません。

日本は法律でカジノ自体がNGを出していますが、オンラインカジノに対しては日本での法律が未だに存在しておりません。
だから、インターネット上でのオンラインカジノに限って言わせていただくと、違反か違反じゃないかと判断すると白黒つけれない・・・グレーゾーンということに落ち着きます。

ただ、オンラインカジノでの法律が今の所ないので、グレーゾーンとはいいがたい状態だと伺えます。見解としては、カジノサイトは違法行為でも合法的でもない判断ができない状況にいるということになります。

つまりたとえ間違った行為だとしても逮捕されることはほぼ皆無ということなので、安心してプレイできるということに判断できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です