オンラインカジノの信頼性について徹底解説!

オンラインカジノの 信頼性について徹底解説!

オンラインカジノは違法なの?信頼してもいいものなのと疑問に思う人が多いと思われます。
基本的に国や政府の許可を受けて営業しているのがオンラインカジノです。

そこは日本の公営ギャンブルと同じになります。
ヨーロッパなどでは普通に娯楽として愛されております。

このようにオンラインカジノは海外で非常に親しまれているギャンブルになります。

オンラインカジノの信頼性

オンラインカジノの信頼性

ライセンスの保有の義務

オンラインゲーミングの運営会社は世界各国の政府から発行された運営許可書を取得して、そのうえで合法的に運営活動をされています。

この運営許可書がないとオンラインカジノの運営をすることが不可能です。

ライセンスの取得は非常に厳しい審査を通過しなければなりません。
ライセンス発行にもたくさんの時間と費用がかかってしまいます。

高い金額のライセンス料金が支払えないとなると申請することすらできません。

そういった厳しい審査を抜けたカジノだけが優良と認められてライセンスを受理できます。
なのでライセンスは本気でオンラインカジノを経営しようとしている企業でしか、簡単に入手できるものではないです。

もしオンラインカジノをしたいのであれば、ライセンスをちゃんと保持しているのかどうか確認してからにしましょう。

定期的な監査

オンラインカジノはライセンスを取得して終わりなのではなく、この後も厳重な監査を受けるとこになります。

監査はライセンスの発行元の機関や第三者監査企業が行われて、オンラインカジノ運営会社の運営状態、ゲームの公平性やプレイヤーの還元率などが監査されています。

この一連によりカジノサイトはライセンス保持を認められることができます。
第三者機関は「eCOGRA」「TST」が有名だと思えます。

定期的に監査されることによりカジノ運営会社による不正は出来ないに等しいです。なので、プレイヤーの安全は確実に保証されております。

またオンラインカジノ会社にソフトウェアを提供しているソフトウェア会社やソフトウェア自体も同様に監査が行われております。

ペイアウト率も監査の対象となっており、その書かれている数字は信ぴょう性があります。

ペイアウト率をしっかりと後悔している所は安全と思ってもいいでしょう。

まとめ

今回はオンラインカジノの信頼性についてお話させていただきました。

オンラインカジノの運営企業は上場企業も存在しております。
海外ではテレビでオンラインカジノのCM、町の看板では広告、看板などを見かけることもあります。
庶民の間で深く浸透している娯楽の1つともいえます。

さらにカジノ運営をしている企業の中にプロのスポーツチームの運営スポンサーとなっている企業もちらほらあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です